トラネキサム酸の効果は?副作用についてはしっかりと理解しておきましょう

トラネキサム酸 効果 副作用

 

トラネキサム酸とは、本来は出血を抑えるために使用されていた人工のアミノ酸の一種です。

 

トラネキサム酸は女性の顔に発生するシミに対する予防・改善に効果があることがわかり、注目されている成分となります。

 

皮膚科などで処方される、「服用するタイプ」のトラネキサム酸には、副作用がある点に注意が必要です。発疹やかゆみ、発熱等のアレルギー症状が出る恐れがあるということです。その他、胸やけ・下痢・吐き気なども起こすので注意が必要です。

 

トラネキサム酸を「服用する」時に注意するべき点

  • 55歳以上の方の服用
  • 腎臓から排泄される薬なので、腎臓機能の低下した高齢者には注意が必要。また、高齢になると血栓症を発祥しやすいから。

  • ピル服用時は飲んではいけない
  • 2ヶ月以上続けて飲んではいけない
  • 2ヵ月以上継続して飲んだ場合の有効性・安全性については、十分なデータが確認できていないから。

  • トラネキサム酸を含む薬を処方されているときは、飲んではいけないもの
  • 風邪薬、歯科医で処方される止血剤など、トラネキサム酸が配合されている場合があるもの。

 

ただこれらの副作用は「服用の場合」に注意が必要であるということです。

 

「塗るタイプの化粧品」の場合であれば、副作用は無く、安心して使用することが出来ます。

 

今では、トラネキサム酸が含まれる、肌に塗るタイプのものが、販売されています。

 

脇やデリケートゾーンなどVラインの黒ずみ、乳首の黒ずみ、顔のシミなどに効果的なものもあります。上記の症状で気になる方は、取り入れてみても良いと思います。

 

⇒トラネキサム酸が含まれている、人気の黒ずみ・シミ用クリーム